054-340-7422受付時間:09:00~18:00 / 定休日:土日祝

脳にはそれぞれ役割がある『大脳皮質(前頭葉)』について

 

 

=======================

『脳梗塞リハビリ』特設サイトはこちら

 

『脳出血リハビリ』特設サイトはこちら

是非、ご覧ください✨

======================

 

 

 

 

 

こんにちは!

静岡リハビリセンターの前田です✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当施設は静岡市清水区のJR清水駅前に店舗を構える自費のリハビリ施設です。

経験豊富な理学療法士が一人ひとりの目標やお身体の状態に合わせてマンツーマンでのリハビリを実施致します。

 

脳梗塞、脳出血の後遺症の方だけでなく、パーキンソン病などの神経疾患の方、脊柱管狭窄症や変形性関節症などの骨・関節疾患の方、整形疾患の術後リハビリなど様々な目的にてご利用いただいており、クリニックやデイサービスの保険下リハビリと併用される方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は『大脳皮質(前頭葉)』についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

1.はじめに

 人間の思考や行動、生命維持など、人間が生きていくうえで必要な事柄の全ての司令塔です。そして、脳部位によってそれぞれ請け負っている役割が異なるということもわかっています。

人間の脳は、大脳、間脳、脳幹(中脳、後脳、延髄)、小脳の4種類の領域に分類されます。

 

 

 

 

【脳の主な役割】

🔸大脳皮質の左脳 … 知覚、思考、判断、意思、感情を司る。

(論理的思考)


🔸大脳皮質の右脳 … 本能や自律神経、記憶を司る。
        (感覚的思考)

🔸脳幹 … 中枢神経系を構成する部位が集まっている器官。

中脳・橋・延髄から構成され、意識や覚醒などの重要な役割を担う。 

🔸脳室 … 脳脊髄液により各脳部位へ栄養補給、酵素を補給。
    衝撃に対するクッション。

 

🔸右脳と左脳 … 大脳は右半球と左半球で機能が大きく異なります。

 言語中枢があるほうを優位半球、ないほうを劣位半球と区分されています。通常右利きの人は、左脳が優位半球、左利きの人は大半が右脳が優位半球となり、優位半球は生まれた時から決まっている様です。

 

 

 

 

脳梗塞や脳出血に関して梗塞や出血が起こった部位で起こりうる症状が変わるため

前回は『中脳の役割』に関してご紹介させていただきました。

 

 

今回は大脳シリーズの『大脳皮質(前頭葉)』についてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.前頭葉の役割

 前頭葉は、大脳半球の約1/3程度の広範な領域を占めており、思考、判断、情動のコントロール、コミュニケーションといった高度な分析・判断を司っています。 思考力、創造性、社会性といった高次脳機能など人間らしさの源泉ともいえる部位です。

 

 

 

①一次運動野、運動連合野

運動の遂行に関与する領域。体を動かす指示を司りダンスや体操をするときの動かし方など、順序や方法が決まっている運動情報を運動野に伝える役目を担って運動の情報処理を行っています。

 

 

 

②前頭連合野

まわりのあらゆる情報から推理、思考し適切な行動を起こすことに関与する領域。

大脳皮質の約30%を占め、情動のコントロールや、論理的な判断、将来の予測、判断、行動計画に必要な情報を側頭連合野や頭頂連合野から受け取り、複雑な行動計画を組み立て、その実行の判断などを司っています。

 

 

 

③ブローカ野

思いを言葉にする領域。運動性言語中枢と呼ばれ、言語処理、音声言語、手話の産出と理解などに関わっています。単純に言えば、言葉を理解してノド、唇、舌などを動かして言語を発する役目を司っています。

 

 

 

④前頭眼野

眼球運動を調整する領域。視覚野・聴覚野・体性感覚野・味覚野・嗅覚野から情報を受け、眼球の随意運動指示、直感的な意思決定などを司っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.前頭葉が障害されると、、、、

 前頭葉の機能は、現在の行動によって生じる未来における結果の認知や、より良い行動の選択、物事の類似点や相違点の判断に関する能力と関係しています。前頭葉の部位によってそれぞれ役割が決まっており、損傷を受ける部位によって症状は様々です。

 

 

 

🔸優位半球の前頭葉の障害の場合、、、

 優位半球の前頭葉前半部は、思考、自発性(やる気)、感情、性格、理性などの中心です。病気や怪我で優位半球の前頭葉が障害されると、これらの機能が低下します。具体的には、几帳面な人がだらしなくなったり、幼稚になったり、極端な例ですと目はあけているけど一日中ボーッとして何もしない状態になります。

 

 

 

🔸前頭葉後半部の障害の場合、、、

 両側の前頭葉の後半部は体を動かす一次運動野という部分があり、手足を動かす命令はここで出されて、脊髄を経由して手足に送られます。この命令が通る道は途中で左右が交叉して、右側の運動野は左半身を、左側は右半身を支配しています。病気で右の運動野が障害されると左半身が動かなく(麻痺)なります。

 

 

 

 

 

 

4.おわりに

 脳は、記憶や思考をつかさどる領域や運動、感覚をつかさどる領域などが、複雑に関りあっています。血栓や出血の起きた部位を中心に麻痺や障害が残りやすくなるのが一般的ですが、一見似たような病状であっても、影響を受ける脳神経のつながり方には個人差があります。そのため必要なリハビリも、患者様の後遺症にあわせた多様なものになります。

 

 

 

 

 

当センターでは、経験豊富な理学療法士が様々な症状に対してご相談受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

👇施設情報に関してはこちら👇

『施設情報Instagramはこちら』

https://www.instagram.com/shizureha.gram

『ホームページはこちら』

https://shizuoka-rehabilicenter.com/

『セルフケア・ホームエクササイズに関する情報はこちら』

https://www.instagram.com/maechan613

 

 

 

✨無料電話相談、体験実施中✨

〜完全オーダーメイドのマンツーマンリハビリ〜

 

【施設名】静岡リハビリセンター

【営業時間】9:00〜18:00

【定休日】土日祝

【場所】静岡市清水区真砂町2-33

JR清水駅前マクドナルド店のすぐ横

【FAX/TEL】054-340-7422

 

 

 

【こんな方が対象】

🍀退院後のリハビリをお探しの方

🍀もっと質の高いリハビリを受けたい方

🍀脳梗塞、脳出血の後遺症のある方

🍀パーキンソン病などの神経難病の方

🍀変形性関節症、脊柱管狭窄症などの骨・関節疾患の方

🍀整形疾患の手術後リハビリをお求めの方

🍀日常生活でお困りの方 など

是非一度お問い合わせ下さい✨

 

 

 

👇施設情報に関してはこちら👇

『静岡リハビリセンター』

https://www.instagram.com/shizureha.gram

【リハビリ専門施設『静岡リハビリセンター』】

https://shizuoka-rehabilicenter.com/

『セルフケア・ホームエクササイズに関する情報はこちら』

https://www.instagram.com/maechan613

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

疾患別ページ