054-340-7422受付時間:09:00~18:00 / 定休日:土日祝

脊柱管狭窄症の診断とリハビリ

=====================================

『脊柱管狭窄症リハビリ』特設サイトはこちらから

https://shizuoka-rehabilicenter.com/脊柱管狭窄症/

是非ご覧ください✨

=====================================

皆さんこんにちは!

静岡リハビリセンター施設長の前田です✨

当施設は静岡市清水区のJR清水駅前に店舗を構える理学療法士によるマンツーマンでのリハビリ専門施設です。

脳梗塞脳出血後遺症の方だけでなく、パーキンソン病などの神経疾患の方脊柱管狭窄症変形性関節症などの骨・関節疾患の方整形疾患の術後リハビリなど様々な目的にてご利用いただいており、クリニックやデイサービスなどの保険下リハビリと併用される方も多くいらっしゃいます。

前回は脊柱管狭窄症の症状や分類に関して投稿させていただきました。

今回は脊柱管狭窄症の診察やリハビリ内容の情報をご紹介します。

1.はじめに

 腰部脊柱管狭窄症は加齢による変形などで腰椎の脊柱管が狭くなり、神経や血行の障害が起き、下肢の痛みやしびれが現れ、長時間の歩行が困難になる病気です。リハビリは、痛みを軽くするとともに腰痛予防のためにも非常に大切な治療法です。そこで脊柱管狭窄症の診断からリハビリについて書いて行こうと思います。

2.脊柱管狭窄症の診察って何やるの?

 

 腰部脊柱管狭窄症では、下半身の痛みや痺れに加えて立ち止まっては歩き、立ち止まってはまた歩くような『間欠性跛行』と呼ばれる特徴的な歩行が診られますが、末梢動脈疾患などの血管性間欠跛行でも同じような歩き方をします。これら類似疾患との鑑別、および治療方針の検討が重要となるため診察では、以下のような項目が実施されます。

①問診

 年齢や既往歴を詳しく問診します。特に、どのような姿勢、どの程度の歩行により症状が出るのか、どのように休むと改善が得られるのかを確認します。

②身体所見

 脊柱管狭窄症では、狭窄が起こる部位によって症状の出る部位や障害される筋肉が異なります。そのため腰痛の有無、痛みやしびれのある部位を確認し、感覚障害・運動障害(筋力低下)・反射異常などの神経学的所見をチェックます。閉塞性動脈硬化症とまぎらわしい場合には、下肢の動脈硬化の状態も確認します。

③レントゲン検査

 腰椎のレントゲン検査を行い、背骨の状態を確認します。レントゲンでは変形性腰椎症の程度、腰椎すべり症の有無、などから脊柱管の状態を推定することができます。

④M R I検査

 レントゲンには骨しかうつらないため、詳しく検査を行う場合にはMRIを使用します。MRI検査により、実際にどの程度脊柱管が狭くなっているのか、椎間板や関節・靭帯の状態はどうなのか、神経への圧迫状態はどうなのか、その他の合併異常がないか、を確認できます。

⑤C T検査、脊髄造影検査

 MRIを撮影できない患者さんや、MRIのみでは診断がつかない場合、手術に備えてより詳細に検査したい場合には、CT撮影や脊髄造影検査を行うこともあります。脊髄造影検査では、神経の狭窄度を、実際に目で見て確認することができます。

3.腰部脊柱管狭窄症のリハビリとは?

 

 腰椎の牽引や、温熱治療などの物理療法、および歩行やストレッチ、マッサージなどの運動療法を行う場合もあります。これらを組み合わせて行うことで、腰臀部痛や下肢痛を改善する効果が報告されています。

 当センターでは、『もっと良くなりたい』『〇〇がしたい』という思いにお応えするためベッド上での施術に加え、身体の状態に合った運動を実施し、身体の機能を最大限まで高めることを目的としたリハビリを提供しております。

 脊柱管狭窄症は筋力の低下や同じ姿勢などで進行しやすい疾患ですので、筋力の維持・向上を目的としたリハビリや自主トレは有効です。痛みがある部位の筋肉がほぐれると、症状の改善にもつながり、症状が出ない範囲で適度に運動を行うことがとても大事になります。ただし、痛みがあるのに我慢して長時間歩くと神経にダメージが加わるためなど、症状を悪化させてしまう可能性もあるため無理な運動はしないようにしましょう。

※脊柱管狭窄症のセルフケア内容に関しては徐々に投稿させていただきます。

4.おわりに

 脊柱管狭窄症は、様々な要因によって脊柱管内で神経が圧迫されることで症状が出現し、身体所見とレントゲンやM R I検査などの検査を踏まえて診断されます。しかし、身体の柔軟性が低下したり、筋力が低下することで同じような症状が出現することもあるため、必ずしも画像所見と症状が一致するとは限りません。脊柱管狭窄症の疑いのある方や診断されている方は、ご自身の身体の状態を確認することの大切な行動のひとつかと思います。

 引用文献
1)菊池臣一:プライマリケアのための腰部脊柱管狭窄ー外来マネジメントー改訂版,医薬ジャーナル社:22,2015.
2)Kasukawa,Y,et.:Lumbar spinal stenosis associated with progression of locomotive syndrome and lower extremity muscle weakness.Clin Interv Aging14:1399-1405,2019.

引用ホームページ
1)https://orthopaedia.com/page/clinical-correlation-of-disc-disease

2)https://www.picturingmedicine.com

3)https://plaza.rakuten.co.jp/maechancom/

=====================================

公式LINEでも無料相談受け付けております。お気軽にご相談ください✨

LINE公式アカウントはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://page.line.me/739bncni

=====================================

疾患別ページ