054-340-7422受付時間:09:00~18:00 / 定休日:土日祝

同じ姿勢が多いと変形や痛みの原因に⁉︎簡単にできる『骨盤運動』

=====================================

『脊柱管狭窄症リハビリ』特設サイトはこちらから

是非ご覧ください✨

=====================================

=====================================

『変形性膝関節症リハビリ』特設サイトはこちらから

是非ご覧ください✨

=====================================

皆さんこんにちは!

静岡リハビリセンター施設長の前田です😊

当施設は静岡市清水区のJR清水駅前に店舗を構える自費のリハビリ施設です。

脳梗塞、脳出血の後遺症の方だけでなく、パーキンソン病などの神経疾患の方、脊柱管狭窄症や変形性関節症などの骨・関節疾患の方、整形疾患の術後リハビリなど様々な目的にてご利用いただいており、クリニックやデイサービスなどの保険下リハビリと併用される方も多くいらっしゃいます。

コロナ禍での外出自粛や気温上昇に伴い、なかなか外に出ようという気持ちが起きない場合ありますよね。

1時間同じ姿勢をすると腰や股関節周囲の筋肉は硬くなると言われており、硬くなった筋肉は関節の動きを阻害するだけでなく、関節の摩耗や変形の原因となってしまいます。

痛くなったから対処するのも大切ですが、日頃から意識して痛みが出ないように予防していくこともとても大切です。

​​★今日のテーマ★
腰〜骨盤の動きを引き出す​​『骨盤運動』​​​

​​

骨盤って動くの?と思う方もいるかもしれませんが
動作を行う際の重心の移動など大きな役割を担っています。​

​​​​​人の身体には「重心」とよばれるバランスの核
となる部分があり、この重心が骨盤の位置にあります。

また骨盤は、腰椎と呼ばれる背骨の部分と連結しているため
腰椎-骨盤の動きが硬くなる事で動作中のバランス能力の低下や腰痛の原因にも繋がります。​​​​​

長時間座っていることが多い方や、立ち仕事をされている方は

腰や骨盤の周りの筋肉が硬くなりやすいため要注意です。

そこで、骨盤の動きを引き出す簡単なエクササイズをご紹介します!​

​​​

目安:呼吸に合わせて5-10回 3セット/日​​​

◆骨盤運動のPoint◆

☞リラックスして行う 身体が緊張していると骨盤の動きが制限されます。呼吸に合わせゆっくり行いましょう。

​☞骨盤の動きを意識する どこが動いているか、左右差はどうかなど、意識する事で効果up⤴︎

​☞やり過ぎは禁物​ 過度な骨盤運動は仙腸関節や腰に負担がかかるため少ない回数をまめに行いましょう。

是非、お試しあれ🤗​

〜骨盤運動(前後方向)〜

〜骨盤運動(左右方向)〜

============================

👇予防や健康に関する情報配信も実施しております👇

https://www.instagram.com/maechan613

============================

疾患別ページ